Home> Blog Archives

Blog Archives

やれば結果の出る世界だから

2012年12月31日 Category :未分類 0

21:34:28


今日のメルマガは9000文字にもなった。 http://archive.mag2.com/0001242356/index.html


それなりに内容を濃くしているつもりだけれど、まだ


まだ足りない部分も多い。もっとキレのある文章が書


きたいし、もっと読み手に伝わるものを作りたい。



【解説】



それなりに反応があるけれど、精読して


くれている人は果たして何人いるのだろう?



どんなに技術が進んでも、そういう数字を


正確に測ることは不可能だろうな。



マーケティングをかけたときの結果で知る


しかないというある意味冷酷な世界。



でも、やることをやっていれば、必ず


報われる世界でもある。



自己との対話というテーマで発行しているが、


人が読む以上、エンターテイメントの要素も


取り入れ、愛される媒体にしたい。



まだまだ修練が必要。


亡くなっても毎年お祝いを

2012年12月30日 Category :未分類 0

19:32:18


僕達が60や70歳にになったとき、やっぱりパソコ


ンやスマートフォンや、もっと進んだツールを使って、


コミュニケーションを取っているのかな?そのころに


なれば、政治もネットで変えられるようになるのかな


?かなり先のことだけれど、今からその時のビジネス


モデルを考えてみるのも楽しいかも。i



【解説】



このビジネスモデルって、今からいろいろ


考えてアイデアを残し、必要に応じて、


テストマーケティングをするのも面白いと


考えている。



先日ツイートした、孫への毎年のお誕生日


メッセージやその雛形を提供するサービス。



カスタマイズしたり、内容をコンサルティング


するサービスも面白いかもしれない。



インフラ的にはすでにあるもので、すぐに


実現可能。



本を出してそれを映画化して、認知させられ


ればいいけれどそういう、トップダウン的な


マーケは難しいから、やっぱり地道にボトム


アップか?


スケジュールの余裕+スキマ時間

2012年12月29日 Category :未分類 0

19:29:47


今日のバタバタスケジュールを体感して感じたこと。


5年ほど前はこういうことも多かったけれど、「忙し


い」というのは文字通り「心を亡くす」ってことなん


だな。予定やら打ち合わせは、余裕をもってスケジュ


ーリングしよう。効率よく稼ぐのが目標なのに、バタ


バタしてたら意味が無い。注意。i



【解説】



久しぶりに、慌ただしいスケジュールで、


3つの予定の合間に、全く時間を取ることが


できなかった。



1時間でも余裕があれば、話の内容をもう


少しイキイキと残すことができたかもしれ


ない。



ま、移動の数十分を有効に使えない人は、


ダメなのかもね。



もうちょい工夫しないとな。

あらゆる場所でメモを取る

2012年12月28日 Category :未分類 0

19:12:02


今日の「子供の教育について」は、刺激的な内容のた


め、聞いているときは目が爛々となったけれど、帰っ


てきてまとめてみると、あの輝きがなくなっている。


食事をしながらだったけれど、ああいう場でもメモが


取れるよう、スマートフォンの手書きメモがあるとい


いかな。いや、もったいなかった。i



【解説】



効率的な記録の方法は、永遠のテーマかも。



ベストは記録したものをそのままコピペしたら


コンテンツになるというもの。



それは不可能だろうから、メモを残す手法を


考える。



スマートフォンをどうやって使いこなすか?



これが鍵。



でも、今書いていて思い出した。



メモなんて見返さないから、必要ないって


意見あり。



僕もフツーの打ち合わせではメモは取らないが


アウトプットすることを前提にすると、メモは


あったほうがいいという意見。

人生のオプションを増やす

2012年12月27日 Category :未分類 0

19:10:29


子供の教育について。東京大学卒業の女史の意見を聞


いてきた。同じ職種でも、そこに語学のレバレッジを


かけると、可能性が大きくなるということが話題の中


心。同じ職業でも、例えば日本だと年収800万円だ


が、ブラジルだと1200万円という例もあるかもし


れない。オプションを増やすことが肝要。i



【解説】



東京大学を卒業するも、エリート街道を


否定し、自分で事業を興す道を選んだ人


との会食。



3時間半は、かつてないほど刺激的だった。



話しながらふと思ったのが、こういうのを


コンサルティングって言うんだな・・・と。



豊かになっていく人は、こういう人との


つながりが豊富にあるので、有料の


コンサルティングなんて受ける必要が


ないんじゃないかとも思った。



「語学によるレバレッジ」



「オプションを増やして人生のリスクヘッジ」



この2つがポイント。



オプションを増やす件は、子供の教育のみ


ならず人生全般に言えそう。



経営でも、僕の場合



(1)会員制ビジネスの横展開



(2)人生復活PJというコンサル横展開



(3)メルマガによるマーケティング



(4)サイトアフィリエイト



この4つでオプションを増やす。


割り切ったコミュニケーション方法

2012年12月26日 Category :未分類 0

09:49:35


【割り切ったコミュニケーション】を考えた。(1)


細切れ時間で(2)気づいたら(3)気負わずに メ


ール返信やコメント返しする。コミュニケーションの


質は落ちないし、義務化しないので心地良くできる。


あるいは「ネタ」にならないコミュニケーションはし


ない、という割り切りも必要か? i



【解説】



細切れ時間で対応するためにはスマート


フォンを効率的に利用すればいい。



気負わずに軽く返信というのもいいかも


しれない。



そもそも数百文字に及ぶ返信というのは


ないし、ツイッターでのツイートよりも


短い返事でいいのであれば、気軽にホイ


ホイやればいいのかも。



ネタにならないコミュニケーションは


しないというのはネタになるかどうかを


考える時間が無駄だし、そのための


目利き?が必要になるから、これは無理


かなぁ・・・

ネット上でのコミュニケーション

2012年12月25日 Category :未分類 0

09:45:35


ツイッター~メルマガ~ブログ という流れに「ネッ


ト上でのコミュニケーション」を入れていなかった。


この部分の対処方法が難しいな。感想のメールやコメ


ントが増えてきている。簡単に処理できるが、こちら


の時間を取られて、自分のビジネス進捗が遅れたら本


末転倒。ある程度の割り切りが必要か?i



【解説】



さきほどのツイート内容と重複するが、


本末転倒な状態にならないよう、


「割り切り」は必要。



自己との対話、なんて気張らずに、


以前のように、やりたいようにするのが


いいのかな?



いやいや、それじゃ、成長しないぞ、


自分。



とりあえず、がむしゃらに3週間


やってみよう。



とりあえず、がむしゃらに100日間


やってみよう。



とりあえず、がむしゃらに1年間


やってみよう。



それから、大きな判断をすればいい。


ネットのコミュニケーション頻度で悩む

2012年12月24日 Category :未分類 0

09:43:21


9時起床、7時間半睡眠。アメブロで紹介していただ


いて読者が増えた。コメントも少しだけ付き始めてい


る。コミュニケーションはある程度得意だから、つい


ついササッと返事をしてしまうが、こういう時間もで


きるだけ短縮化したい。最低限のやりとりはしたいか


ら、コメントは開放したいし難しい。r



【解説】



このネット上でのコミュニケーションって、


どの程度にすればいいのか、かなり悩んで


いる。



女史に連絡したら



「えらく丁寧に対応しているんですね」



と言われた。



彼女の場合は、お客さんか、重要な


パートナーとしか絡んでないようだ。



切れる人を見習いたいが、僕の長所?


として、ネットでのコミュニケーションが


得意だというものがある。



このあたり、どう、戦略を立てていけば


いいか?



メルマガもアメブロもツイッターも、


まだまだ始めて数ヶ月~数週間で、


フォロワー、読者も少ないのに、そこ


そこの反応があるから、よく良く


考えないと、この先、10倍の規模に


なったときにダウンするかも。

情報発信の目的~本業を忘れずに

2012年12月23日 Category :未分類 0

22:36:17


もう一度、自分自身の確認のために書く。情報発信は


(1)見られている感の中でいい意味の緊張感を保つ


ため (2)情報のインプットとアウトプットによる


自己鍛錬 この2つが主目的。マーケティングは二の


次。本業、つまり、会員制ビジネスで効率的に営業利


益を増やすことを意識続けること。id



【解説】



本業忘れずに、本業忘れずに。



何でも夢中になって暴走してしまうので、


それがいいところもあるけれど、インプットと


アウトプットにこだわり過ぎると、本業が


おろそかになる可能性がある。



このあたりのバランス感覚って、センスを


問われるところだな。


メルマガも本物志向で

2012年12月22日 Category :未分類 0

20:36:33


今日も懲りずに、長くて(8000文字)ホンネなメ


ルマガを配信。

http://archive.mag2.com/0001242356/index.html



思ったよりも、熟読されている方が多いようなので、


人気のコーナーは少し力を入れる。ただし、自己との


対話を忘れずに。本業もね。r



【解説】



相変わらず長いメルマガを日刊で配信


している。



でも、反応は良いみたいで嬉しい。



インチキせずに部数を伸ばし、精読率の高い


5万部の媒体に育てる。



6年前に創刊したメルマガで最初に広告依頼を


していただいたときの話を思い出した。



成約率が他の媒体の50倍以上だったと


喜んでいただいたことがある。



12000部ほどになったときに、相互紹介を


して、相手の部数が700分以上増えて、恐縮


されたこともある。



木坂さんのメルマガは1200部増やした。



こういうところも「ほんもの志向」で行こう。



部数の増やし方は



・無料レポート


・相互紹介


・まぐまぐの広告


・優良な読者増サービス



この4つかな。