Home> Blog Archives

Blog Archives

ツタヤ併設のスタバが最強な件

2013年1月31日 Category :未分類 0

12:38:59


昨日スタバで仕事をしている途中に、車の月刊誌:5


冊 単行本:1冊 を読了。これ、アマゾンで買った


ら(1)約1万円の代金+(2)幅10cmほどの本


棚のスペース が必要。スタバで500円のコーヒー


を飲んで、5時間以上仕事して、1万円の書籍代を浮


かす。ツタヤ併設のスタバは最強。ir



【解説】



さきほどの解説と重なるツイートだが・・・



毎日スタバに行き、4~6時間の仕事をして


1冊の雑誌か単行本を読むとする。



1ヶ月に20日ほど行くとして・・・



かかる経費は3万円弱。


(コーヒー+軽食+コーヒーおかわり)



得られるメリットは



・100時間ほど快適なスペースで仕事できる


・単行本、雑誌を20冊以上読める


・誰にも邪魔されず仕事に集中できる


・打ち合わせも可能



書籍代の節約は月額3万円以上。


しかも書籍を買わないため、自宅もスッキリ。



つまり・・・



考え方によっては



「無料で快適な場所を使い放題」


「無料でコーヒー飲み放題」



とも言える。



これで解説が終わっては面白くないので、


ここで新しいビジネスモデルを考えてみる。



これに近いサービスをもっと煮詰めて展開


できないか?



・快適な空間


・おいしいコーヒーと軽食


・仕事に没頭できる環境


・禁煙な空間


・雑誌中心+ビジネス書少々の本屋


・飲食する人は、無料で書籍を読める


・飲食する人は、無料で映画を鑑賞できる



追加のサービスとして



・ひとりでくつろぐことができる


 半クローズドな空間を作る


 (ビジネスクラスの座席のような作り)



こういうことを妄想した。



課金は基本、飲食代のみ。



ただ、個室空間は1時間100円程度で


プリペイドカードから自動引き落とし。



自分で作ってみるかな・・・



このツイートの返信で



「喫茶店を経営して、そこで仕事するのは?」



というご意見もいただいたので。



こういう妄想は楽しくて頭のトレーニングに


なるな。









スタバを書斎として使い倒す

2013年1月30日 Category :未分類 0

09:09:14


自宅はとても快適で、いつも室温は22.5度前後、


湿度も43%前後に保たれている。片付いているし広


いしいいんだけれど・・・ どうも、仕事をするとき


はスタバのほうがはかどる。あの雰囲気がいいんだろ


うな。スタバ以外でも落ち着く場所を探したい。因み


に事務所もあまり落ち着かなかった。ir



【解説】



スタバが事務所になって、半年が経過した。



自宅のリビングは30畳ほどあり、調度品も


シンプルなものを最低限しか置いていない。



落ち着く空間ではあるけれど・・・



仕事をする気が起きない。



おそらくソファだから姿勢が悪くなるのが


原因だと思う。



食卓で仕事をする気にもならないし・・・



ある程度「環境」というのも大切だと考えた。



今のところ、スタバで仕事をするのが一番いい。



僕は、静かなところでは仕事ができないタイプ。



スタバのざわつき感がちょうどいいのかも。



事務所も閉めたことだし、これからはスタバを


事務所にして使い倒そう。



ツタヤが併設されている神谷町とヒルズは


雑誌や単行本が読み放題で書斎がわりに使える


のもありがたいし。



まとまりのない解説になったけれど・・・



ノマド型のワーキングスタイルが可能であれば、


スタバを書斎がわりに使い倒すのが一番合理的。






独自性+独りよがりの排除

2013年1月29日 Category :未分類 0

08:32:26


【「十分な睡眠をとると、脂肪の燃焼を増加させるだ


けではなく、食欲も抑えられる」とシカゴ大学の研究。


実験では8時間半の睡眠で効果を確認。】 最近7時


間半寝ているけれど、もっと寝なくては・・・ って


そんなに寝て大丈夫なのか?食事を減らすだけでいい


のかと・・・



【解説】



「反応が多いつぶやき」を集めたサービスがあった


から、そこでランキングの高いツイートを自分


なりに咀嚼してツイート。



すると、2名の方からの返事があった。



普通のツイートは、ほとんど反応がないわけで。



僕にとってはどうってことがないツイート内容だ


けれど、「ランキング上位」というのはバカに


できないな、と実感。



戦略は独自性を。



しかし、一般の「人気ある場所」も攻めること。



この2点を同時に見ることが、経営でも重要じゃ


ないかと考えさせられたツイートとなった。



(1)戦略・戦術は 独自性を発揮



(2)ただ、独りよがりにならないよう、


   顧客目線も意識



というまとめにしておこう。




見られてないようで見られているから

2013年1月28日 Category :未分類 0

07:22:36


めずらしく6時半に起床。昨晩、珍しく自分で作った


料理がアレだったので、気分が悪くなり、早く寝たの


がよかったみたい。朝からメルマガの嬉しい感想をい


ただいたので、目覚めもよい。朝起きると、毎日、心


地良いメッセージが届くメールサービスってあるのか


な?作ってみるかな・・・ ir



【解説】



体調管理のための毎朝のツイート。


誰も見ていないと思いきや・・・



毎日、心地良いメッセージが届くメールサービスを


作ります! というメッセージをちょうだいした。



今の1000名ほどのフォロワーでもこういう


メッセージがくるということは・・・



コツコツとフォロワーを増やして2年後ぐらいに


10万名になったら、どうなるんだろう?



ツイッターがそのころまで今の温度感で流行して


いるとは考えられないが、反応が半分になったと


しても、10万名のフォロワーさんがいれば、


今の5万名のフォロワーに匹敵するわけで。



ミクシィも7年が経過した今でも、使っている人が


いることを思えば、ツイッターもあと5年ぐらいは


持つのかも?



フェイスブックもこれから10年ぐらいは、


コミュニケーションインフラとして使われる


のだろうか?



流れが徐々に早くなっていく世界だから、今後も


流行に流されないよう、でも人が集まる「本質」の


部分をよく見て、ビジネスを展開すること。




全ての物事に値引き交渉を

2013年1月27日 Category :未分類 0

21:53:15


値引き交渉って大切だな。先日、見積もりをとった案


件で104万円というのがあった。高かったので相見


積を取ると、55万円。それを伝えて、54万円まで


値引きしてもらった。50万円も安くなったわけで。


相見積を取らなかったら、50万円損をしていた。こ


れを積み重ねると人生変わるよね。ir



【解説】



このツイートは反応が多く、返信の


メッセージを複数いただいた。



自分でも驚く程の値引きがあったけれど、


小さい値引きも積み上げれば大きくなる。



因みに、家賃交渉では、月額30.5万円の


値引きをしてもらった経験あり。



少しぐらいバツが悪くても、相見積もりは


必ず取り、本命と値段交渉。



この心構えがあるだけで、一生のうちに


何千万円得をするんだろう?



と、ここまで書いて・・・



そもそも使わないのが最強!とも感じた。



ただ、ビジネスの経費というのは必須だから


それを下げる努力は継続しよう。



広告費も、ボリュームディスカウントして


もらったし。



次は、年額100万円以上かかっている


レンタルサーバー代金の値引き交渉だな。



サーバーのスペックは月次でアップして


いるわけだから、同じサーバーを借りて


いる以上、相対的に性能は下がるわけで。



そういう徐々に年額の下がるサービスが


あればいいのに。



バックボーン回線の費用は一定としても


ハード代金は徐々に下がるという。



そういうサービスがほしいし、自分で


作ってみるのはどうだろう?

精一杯のアウトプットを

2013年1月26日 Category :未分類 0

18:38:59


今日は9800文字のメルマガになってしまった・・ http://archive.mag2.com/0001242356/index.html


重複部分を除いても6000文字程度。毎日よく続く


と我ながら感心。このレベルで続ける。他の人以上に


実践しないと稼げないしね。rd



【解説】



毎度、長いメルマガだけれど、内容に大きな


妥協はしていない。



今の自分が出来る精一杯のアウトプット。



他の人のメルマガを見たりご著書を拝読すると



「表現が洗練されているな」



「伝え方が鋭いな」



と感じることが多く、自分のレベルの低さを


痛感する。



そういう方々の文章から学べるところは学び


徐々にレベルアップしていくしかないな。



あと、文章能力もさることながら、企画内容も


熟慮する必要あり。



例えば、メインコンテンツの反応が薄い。



これは後ろに持って行ってもいいかもしれない。



人気があるのは



「オッサンプロジェクト」



と、この



「ツイート解説」



だから、この2つをメインに構成するほうが


伝わるし、楽しんでいただけるメルマガに


なるのかも。



あと、笑わせるようなオチャラケがオマケに


あってもいいのではないか?



昔はそれをやって、ファンの方が増えたので。


凡人が稼ぐ5つの方法

2013年1月25日 Category :未分類 0

18:36:53


平凡な僕が稼ぐためには、(1)他の人以上に働いて


(2)他の人以上に考えて(3)他の人以上のレベル


で仕事して(4)他の人以上に継続して(5)他の人


以上にコミュニケーションを取る しかないと考えた。


読むのに30分以上かかるメルマガを毎日発行してい


るのはその訓練。ひたすら継続。 id



【解説】



これは自分自身に何度も言い聞かせたい。



(1)他の人以上に働いて



 今日は日曜日。


 でも、朝からスタバにきて仕事をしている。


 このツイート解説を書いている。



 土曜日も関係なし。



 もちろん祝祭日も関係なし。



 朝から仕事して、打ち合わせもして、


 夕食後もインプットとアウトプット。



 ひたすら実践をする。



 人並み以上に仕事をしないと、凡人は


 稼ぐことはできない。



 当たり前。



(2)他の人以上に考えて



 人並みのことを考えているようだと


 これまた稼げない。



 こういう商売、やったら儲かるよね~



 というのは、誰でも思うことはあるだろう。



 でも、もっと考えなくてはならない。



 その商売を作るために経費はどれくらい


 かかるか。



 立ち上げるまでに時間はどれくらいかかるか?



 どれくらい人が集まるのか?



 顧客単価はどれくらいになるのか?



 うまくいかないときの方策は?



 小さいところからスタートする方法は?



 詳細まで考えていかないと実現などしない。



 あと、詰めて考えるというのの他に・・・



 ビジネスモデルを常に考える習慣もつける。



 ツイッターが流行っているという事実を


 知ったときに、つぶやくだけではもったいない。



 何か便乗したビジネスはできないか?



 稼げる使い方はできないか?



 と、想像をめぐらしてみる。



 これからも、楽しい妄想を続けるようにしよう。



(3)他の人以上のレベルで仕事して



 (2)に重なる内容だけれど、レベルも高く


 していかないと勝てない。



 僕のこのツイート解説や、これを掲載した


 メルマガが、人並み以上かどうかは疑わしい。



 でも、人以上のレベルでアウトプットをしている


 自信とプライドは持っている。



 (プライドと不安の共存 なんだな)



 自己との対話のために、より詳しく、より


 楽しめるように書いていくつもり。



 他の人がやっていないレベルでインプットも


 アウトプットも行う。



(4)他の人以上に継続して



 ある事柄に対して・・・



 実践する人は100分の1


 3ヶ月継続する人はさらにその100分の1



 という話を聞いたことがある。



 「メルマガいいよ~」



 という話を聞いて、実践する人は100人に一人。



 ま、そんなもんだろう。



 で・・・



 3ヶ月間、継続する人も100人に一人。



 これはちょっと言い過ぎな気もするけれど、


 例えば早起きとか本を1日1冊読むとか、


 そういうものだと100人に1人ぐらいかな。



 ということで、



 「3ヶ月間実践する人は1万人に1人」



 という結論になるようだ。



 だからひたすら実践し続けよう。



 ただし・・・



 その壁をクリアした「猛者」も数多くいる。



 今度はその「猛者」同士の戦いになるな。



 だから、人ができないレベルを目指して、


 人よりも多い時間を仕事に当てる必要が


 あるわけだ。



(5)他の人以上にコミュニケーションを取る



 僕は、敵が多い人間だけれど・・・



 コミュニケーションを取る能力はあるから


 これは活かさないと。



 いい話も悪い話も、全部人が持ってくる。



 ならば、自信が選択眼を持っていれば、


 コミュニケーションを密にとれば取るほど


 ビジネスは大きくなる。



 もちろん「カス」な人たちと付き合っていると


 時間の無駄だし、自分のレベルも下がって


 しまうから、



 ・志の高い


 ・楽しい


 ・生き生きした



 仲間と、コミュニケーションを取って、


 プロジェクトを進めたい。



 そのためには自分が、明るく楽しく仕事をして


 実績を出していなくてはならない。


【頭を少しつかう】×【継続する】×【楽しむ】

2013年1月24日 Category :未分類 0

16:11:32


【頭を少しつかう】×【継続する】×【楽しむ】 こ


れだけでいいのかも。 【ちょっとしたヒネリを入れ


る】×【あきらめない】×【苦労も広く受け入れる】


と言い換えられるかも。 ベースは結構シンプルなも


のだ。再度書く、【頭を少しつかう】×【継続する】


×【楽しむ】。これだけでいい。i



【解説】



どうしたら、うまくいくかな?


どうしたら、成功するかな?



ということを、いつもどこかで考えて


いるんだけれど、少し答えが見えてきた


気がする。



あくまでも「自分マター」なことで、


「人との関係性」を考慮してないが、


これは使えそう。



【頭を少しつかう】



 これはヒネリを入れる、とか、既存のものを


 組み合わせてみる、とかそういうこと。



 天邪鬼な発想というのも当てはまる。



 メルマガを書くときも、人とは違うコンテンツを


 作ってみようと思って、今回の形になった。



 オッサンプロジェクトは、リアルタイムな


 「人生のビフォーアフター」で、他のメルマガで


 やっているのを見たことがない。



 リスクも高く、プロデュースするのが少し難しい


 から、考えついても誰もやらなかったのだろうと


 思う。


 


 でも、どん底の人を食えるようにする、それを


 ツイッターやアメブロやメルマガで報告する、


 という案自体は「何も目新しい物がない」。



 組み合わせだけの問題、ホントに。



 こういう、少し頭をつかうことの繰り返しが


 大切だと実感している。



【継続する】



 怠け者な僕が言うことではないけれど・・・



 やっぱり継続している人は強い。



 アフィリエイトで月商1000万円を達成


 している人は5年前からずっと継続している人。



 脇目もふらずひたすら作業をしてる彼らを


 見ていると頭がさがる。



 アフィリエイトの件では、悔しい思いをした


 ので、つまり、「継続できない自分」にも


 腹がたったわけで。



 だから、この過ちを犯さないよう、ひたすら


 継続する。



 そのペースメーカーが



 「ツイッター」


 「メルマガ」


 「アメブロ」



 というツール。



 「みられている感」があるから、僕みたいな


 人間でもサボり辛いのがいいところ。



 多くの仲間も読んでくれているし。



 ネットのツールを使うことで、半ば強制的に?


 継続ができるわけで、これは有り難いこと。



【楽しむ】



 楽しむ、というと、「ワクワク」「ウキウキ」


 という感じの単語が出てきそうだが・・・



 ここで言う「楽しむ」とはもう少し高度なもの。



 「楽しむ」にも階層があると考えている。



 簡単に言うと



 一時的な、刹那的な「楽しみ」 と


 努力をして得られる「楽しみ」 の2種類。



 刹那的な楽しみは、娯楽番組を見る、とか


 アイドルのコンサートに行く、とか、そういうこと。



 努力をして得られる「楽しみ」とは、長期的な


 大きな目標を掲げ、そこにむかってひたむきに実践


 する過程、つまり、つらいこともあるけれど、


 それを含めて楽しめるということ、だと考えている。




これら3つの要素の「掛け算」で目標に


近づけるのではないかと、確信しつつある。



再度、書く。



【頭を少しつかう】×【継続する】×【楽しむ】


寂しくても、継続して習慣化をする

2013年1月23日 Category :未分類 0

12:36:07


メルマガやブログを開始して、最初は「ご祝儀相場」


みたいに、たくさんのメールや感想を頂戴した。2週


間が経過して、それも落ち着き、少しさみしい感じが


する。が、ここでペースを落としてはいけない。これ


からが本番なのかも。アウトプットとインプットの習


慣化を続けること!負けるな自分!rd



【解説】



昨日、ふと寂しくなった。



メルマガ創刊当初は、仲間が紹介してくれて


部数が増加し、メッセージも多く届いた。



でも、2週間もすると、それも少なくなってくる。



ひょっとしたら1ヶ月後、2ヵ月後はもっと


寂しい状態になっているかもしれない。



でも・・・



ひたすら続けなくてはならない。



僕みたいな凡人は、人ができないぐらいの


レベルまで背伸びして、人ができないぐらいに


継続するしかないわけで。



負けるな自分!



と書いたのは、怠け者の自分に対する


戒めのメッセージ。



2週間は続いたから、まずは1ヶ月の壁を


超えよう。



それができたら、2ヶ月の壁を越えよう。



3ヶ月の壁を超えることができれたら、これは


「習慣化」されたと思っていいのかな?



でも油断せずに、半年の継続を目指そう。



そして、1年継続したら、自分の生活や


脳みその一部になるのかな?



以前もツイートしたように、



「内面の人体改造」



に、なるわけで、これは楽しみかも。


大きな収穫を夢見て種蒔き水やり

2013年1月22日 Category :未分類 0

10:30:19


今日は気乗りしないなぁ、と思いつつ、メルマガを早


く書かないと!って焦っている。今日のメルマガじゃ


なくて、明後日のメルマガだけど。48時間以上前倒し


しないと落ち着かなくなってきた。プロジェクト管理


もこのようになりますように。i




【解説】



プロジェクト管理については、今の


手法を使い始めたばかりだし、結果も


出ていないものが多いから、体感が


できないけれど・・・



チャットワークを見ることで、自分の


プロジェクトを常に意識下に置くことは


できている。



そして、主要なものに付いては僕から


コメントをつけたり案を出したりして


積極的にタクトを触れているとも思う。



あとは、結果を出すだけ。



しかも、できるだけ早く。



理想的なのは、チャットワークで


プロジェクトを管理し始めてから


3ヶ月以内に結果が出ること。



遅くとも6ヶ月以内に。



もっと露骨に言ってしまえば、サービス


提供型のプロジェクトであれば、開始後


3ヶ月以内に現金化をしたいということ。



そして、6ヶ月以上かかるものに


ついては、継続の是非を検討する。



12本のプロジェクトが走っており、


そのうち6本は、サービス提供型の


プロジェクト。



だから、これらが平均5ヶ月で


現金化できるとすると・・・



1年で15個前後の収入の流れができる


という計算になる。



もちろん1本あたり数万円の小さなものも


あるし、数億円のレベルのものもある。



そして、1万円だけれど2~3年継続


していると、100万円ほどに膨らみそう


なものもある。



とにかく最初の現金化を早い時期に達成し


確信をもってプロジェクトを大きく成長


させることが大切かな。



大きな収穫を夢見て、ひたすら種を


蒔いて、育てる。



常に種蒔き、常に水やり。



そうすれば、収穫は自ずと豊かになる。