Home> Blog Archives

Blog Archives

反応がなくなったあとは・・・

2013年2月28日 Category :未分類 0

21:01:29


毎日発行しているメルマガは、自分のアウトプットを


目的としているものの、内容が面白いらしく評判は良


い。毎日、感想のメールが届く。ただ・・・3ヶ月も


したら、熱いメッセージは届かなくなるだろうから、


その時に何を支えには新を続ければいいのか?自己鍛


錬だから気にするな、という強気で通す?i



【解説】



これ、お風呂に入っているときにふと


思いついた。



今はまだ、創刊してから1ヶ月も経過して


いないし、新しい試みを取り入れたメルマガ


なので、目新しい。



だから、読者の方の反応も良く、連日、


メールが届く。



しかも、温かい、時には熱いメールが届き


素直に嬉しい。



ただ・・・



3ヶ月後はどうなっているか?



恐らく、目新しさもなくなり、毎日1万文字の


メルマガを、紙面を工夫しながら発行したと


しても・・・



それほどの反応はないに違いない。



もちろん楽しんでいただく内容を盛り込む


つもりではある。



そして、アウトプットを効率的にできる


ようにするつもりでもある。



でも、反応がない寂しさにどこまで耐え


られるのか?



ここはいつもの、自分らしい「強気」で、


通すしかないな。



自己鍛錬・自己修練 だしな。



これを今から忘れず、反応が少なくなった時に


ヘコまないように備える。







戦略的貧乏~みっちゃん、ありがとね

2013年2月27日 Category :未分類 0

20:09:08


今日も12000文字以上の長いメルマガになってし


まった。ツイート解説の【戦略的な貧乏】は、「とな


りの億万長者」の内容を10分で理解できる内容にな


っている。優秀なパートナーに感謝。 http://archive.mag2.com/0001242356/index.html r



【解説】



海外不動産を100件以上管理している


筋金入りの起業家さんとのやりとりを


掲載した。



彼女の不動産投資は、好景気の時も不況の


時も、安定して利益を積み上げていく。



緻密な戦略と、圧倒的な知識で可能になって


いるようだ。



その彼女が、【戦略的な貧乏】をいう記事を


書いていて、評判がいいという。



紹介してみたら、ツイッターでも反響が


大きかった。



僕の周りでも、月に3000万円以上稼いで


いる人で派手な人ってあんまりいない。



公団に住んでいたり、田舎暮らしをして


いたり・・・



ということで、僕も今月、最後のリストラを


して、【戦略的ウルトラ貧乏】を実践する。



以前は車は、フェラーリやポルシェに乗って


いたが・・・



今度買う車は、トヨタの4年落ちの中古に


する予定。



人気がないので、1万キロしか走っていない


ものが100万円ぐらい。



また、その他にも大きなリストラをして、


4年で毎月450万円の経費節減を達成。



これからは、もっと戦略的貧乏生活を


しよう。



こういうことを、的確に教えてくれる仲間


って本当にありがたい。



みっちゃん、いつもありがとね。




どういう人とどれくらいの頻度で会う?

2013年2月26日 Category :未分類 0

19:58:35


人と会うとビジネスが加速する。それはいい、最近の


再会を通してよく理解できた。では、どういう人と、


どれくらいの頻度で会うのがベストか?ということを


考えた。(1)ビジネスレベルが同等(2)お互いの


強みが重ならず、それを持ち寄れる そういう人と半


年に1度ぐらい会う。現時点での回答。 i



【解説】



昨日の打ち合わせの件で、人と会うことで


ビジネスが加速することは痛感した。



そこで、このツイートのように考えた。



会うのはいいが、



(1)どういう人と


(2)どのレベルで



会えばいいのかということが疑問だったわけで。



結論は、やはり



(1)ある程度、同じ範疇で稼いでいる人



僕の場合、会うのに適している人は、ネット起業家


であり、ネットから毎月200万円以上の利益を


出している人、ということになる。



リアルビジネスをしている人と会っても、新しい


ビジネスモデルはなかなか見つからない(経験値)。



また、10~20万円ほどしか稼いでいない人と


会ってもレベルが違うので、話が合わない。



さらに、3000万円以上を余裕で稼いでいる


ような人とも、話が合わないことは体験済み。



同じカテゴリで、同じレベルの稼ぎの人と会う。



これが原則。



(2)1~12ヶ月に1度ぐらい会う



毎週会っても飽きるし(笑)、2年も会わないと


それは単なる疎遠なだけなので・・・



プロジェクトが進捗中は1ヶ月に1度ほど。



そうでないときは、年に1度ほど、例えば


忘年会で会うぐらいのレベルでいいと感じる。



実際、それが続いている人もいて、心地良い。



「君子の交わりは淡きこと水のごとし」



やはり、これだな。




稼ぐ仲間が集まれば、自然と商売の話に

2013年2月25日 Category :未分類 0

18:31:49


16時より、塾の卒業生3名と歓談。「久しぶりだか


らいろいろ話そう」という集まりだったが、稼ぐ仲間


が集まれば、自然と商売の話になる。新プロジェクト


が立ち上がったので、Tさんに「すぐにマックブック


エアーを買って来て」と言ったら、みんな笑ってた。


別れてすぐに電気屋へ行ったはず(笑)r



【解説】



これも、1つ前のツイート解説、そして


2つ前のツイート解説と重なる。



いきなりプロジェクトが立ち上がったので、


マックブックエアーが必要になった。



そこでTさんに、「すぐに買ってきて~」と


頼んだわけで。



展開の、あまりの早さにみんなで笑った。



このプロジェクトは、



(1)僕がツイッター用につくっていた仕組みが


(2)スマートフォンでも応用が効くことがわかり



開発を進めることになった。



ツイッター用の仕組みは、スケジュールが遅延


していたが、スマートフォンの方で応用を利か


せると、進捗が早くなりそう。



思わぬ展開。



横展開も簡単なので、



(1)陣頭指揮(僕)


(2)開発


(3)情報集積


(4)ライター



この4名で一気に進める。



これは、久々にワクワクするビジネスモデルだ。



壁があまり見当たらないし。



(とは言っても、多少は出てくるだろうけれど)




歓談からビジネスが加速する

2013年2月24日 Category :未分類 0

09:10:38


8時起床、4時間半睡眠。これはキツい、7時間半を


死守すること。本日、16時から、懐かしい仲間3名


(全員、畑岡アフィリ塾の卒業生)に会う。1名は沖


縄から来てくれる。今後につながる仕事の話が出てく


ればいいな。プロジェクト管理の仕組みを簡単に作る


予定。ツールの有効利用で楽しむ。ir



【解説】



先程のツイート解説と重なるツイート。



このツイートに書いている方々とお会いし、


ビジネスが一気に加速した。



こういう付き合いを引き続き、大切にする。



何よりも大切にする。



楽しいしね、こういう仲間と話すと。



スタバでワイワイ話をして笑っているだけで


ビジネスが加速するんだもん。



これからは、このスタイルが格好良いな。



人とのつながり=人生最大のレバレッジ

2013年2月23日 Category :未分類 0



09:06:37


ドアAを開こうと努力すれば、誰かなにかがドアBを


開けてくれる。ドアBから見える風景は、最初求めて


いたものよりもはるかに良かったりする。けれども


自分がドアAを開けようとしないと、ドアBが開いて


いることも気づかない」 (ダンケネディ)



【解説】



メルマガ読者の方からいただいた名言。



先日、長野智子さんのツイートをしたが


それに類似する名言ということで。



これは、早速、昨日の打ち合わせで体感した。



懐かしい仲間と会った、そして、2時間ほど


目的も決めずに話をした。



ただ、全員、ネット起業家なので、自ずと


商売の話になり・・・



新しいプロジェクトが1つ立ち上がり、


来月には完成、



再来月には現金収入が見込めそう。



また、別の方からは300万円相当の


プレゼントをいただいた。



(アフィリエイトの記事◯万本)



なにか行動をしていると、特に、価値ある


人々と接していると、いきなり別のトビラが


開くというのは、こういうことなんだな。



ということは・・・



やはり・・・



「キーパーソンとのつながり」



が、ビジネスの最大のレバレッジなわけで。



しかも、このレバレッジはマイナス方向には


働かない。



むぅ・・・



この世の中で一番素敵なレバレッジなのかも。



ということで



人とのつながり=人生最大のレバレッジ



という等式を作ってみた。



これ、いいな。







2013年末に3000万円

2013年2月22日 Category :未分類 0

02:17:09


メルマガで「人生のビフォーアフター」プロジェクト


という企画をしている。ネットビジネスで人生を変え


ていく様を実況中継するというもの。今、ふと思った


けれど、メルマガの存在そのものが、僕の人生の「ビ


フォーアフター」を報告する媒体になっているんだな。


目標宣言してみようかな。i



【解説】



このメルマガは、自己鍛錬のためのアウトプットの


ために書いている。



その中で、自分のビジネスがどうなっているかも


報告していくつもりだけれど、よくよく考えれば



「僕自身の人生のビフォーアフター」



を見ていただくことになっていると気がついた。



目標宣言は、「決意表明」でもしている通り、



月の営業利益3000万円。



これを2013年末までに達成する。



※あと3年弱か・・・(汗)



一時期、これぐらいの利益をだしていたことも


あったけれど、安定してというのが難しい。



つまり、1つのビジネスモデルに傾倒した結果が


不安定な経営、あるいは、目標を達成できなかった


原因。



だから、今後は、



「強みを活かした複数の収入の流れ」



を作り、安定化を図る。



強みは、



・ネットでの人とのつながりを作る力


・マーケティング力(リスト収集~ライティング)


・ネットからの情報を抜き出す力


・ソフトを短期間で作る力



この4つだな。再確認。



これをフルに活用し、月額営業利益3000万円を


着実に目指す。



本当は黙って達成できればいいんだけれど。



怠け者の僕には無理なので、表明。






人+アイデア+ネットツール

2013年2月21日 Category :未分類 0



23:47:20


結局最後は「人間」勝負だな。(1)人間を磨く(


できるのか?) (2)できるところは全部自動化。


 この2つの境界線を間違わなければ、インターネッ


トビジネスで徐々に稼ぐことができるようになる。


2つとも同時に高めるわけだが、どのレベルまで上り


詰められるか? i



【解説】



これ、大切。



うちの会社の場合、次のようなイメージか?



【社長:僕】営業して、人とのつながりを拡大。



【開発】作業の自動化を担当。



アイデアを出して、出来る限りの省力化をする。



ただ、省力化をするための開発は省力化できない


ので今の優秀なメンバーに協力してもらう。



人+アイデア+ネットツール



この3つの要素を忘れずに。




乗り越える壁は常に多い

2013年2月20日 Category :未分類 0

17:18:30


ツールを作ってバリバリ稼げるぞー!なんて、軽いノ


リでホイホイ打ち合わせしていたけれど・・・現実は


厳しいもので、乗り越えるべき壁が複数ある。厳しい


現実を見据えつつ、その中でできることを積み上げる。


当たり前だが、簡単に稼げるなら誰でもお金持ち。凡


人は努力しろ!ってメッセージだな。 i



【解説】



開発と打ち合わせ。



簡単にできると思っていたことができない。



そして、開発者のこだわり



「それを作ったら、みんなの儲けの助けになるの?」



というのがあって、いきなり壁にぶつかった。



今回の省力化システムは、違う方向性で見直しを


かける必要があるかも。



と、この解説を書いていると、クラウド型


チャットツールに新しい提案が!



月収◯千万円のアフィリエイターからの提案で


これなら、広く提供できるし、自分のアフィリエイト


収入も伸びそう!



早速転送して、開発を進めてもらうよう依頼。



多くの方に意見をいただき、広い角度で


プロジェクトを俯瞰できるのでありがたい。



あ!これって、昨日のメルマガの通りだな。



超えられない壁があったから、超えないで


いると、トビラが出てきた感じ。



うん、これいい!



ただ、次の壁もあるからね。



凡人には努力も必要だよ。



それを忘れずに。



見られている感・言いたいこと のバランス

2013年2月19日 Category :未分類 0

12:33:00


メルマガやブログ記事への感想が連日届く。みられて


いる感が、緊張感を生み、毎日の執筆のパワー源にな


る。この状況で、「言いたいことを言う」 というポ


リシーをどこまで貫けるか?ir

http://archive.mag2.com/0001242356/index.html




【解説】



まだ、創刊して1ヶ月も経過していないから・・・



そして、今までにないようなメルマガの紙面に


したから・・・



今のところ、毎日、嬉しい感想をいただいている。



アメブロの読者登録のメッセージも、温かい


ものが届く。



これはうれしいけれど・・・



「見られることによる制約」



を、徐々に受けないかと心配。



関西人だからか、見られていると、つい



「笑わせたろ」



といういたずら心も出てきてしまう。



ま、これは楽しいからいいけれど、


言いたいことを言えなくなるということに


ならないよう、バランスを調整する。